ただ、帰国させてほしいだけだ #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 ただ、帰国させてほしいだけだ(インド系オーストラリア人のスクラジ・シンさん)

#コロナを生きる言葉集

 オーストラリア政府が3日、新型コロナの感染が急拡大したインドからの入国を禁止し、違反者に禁錮5年を科す措置を取った。外国人だけでなく、感染が心配で帰国しようとする自国民も対象とする厳しいものだった。

 帰国できなくなった豪州の国民や永住者は9千人以上。スクラジ・シンさん(36)は昨年2月、インド北西部の村で結婚するために母国に戻って以来、帰れないままだ。

 昨年4月から年末までに、自宅のある豪北部ケアンズ近郊に戻るために予約した帰国便4便が、いずれもコロナ禍で欠航に。今年3月に確保した便は、直前に自身の感染がわかり、搭乗できなかった。

 シンさんが留学生として豪州に来たのは2009年。その後、バナナ農場の検査責任者として働き、19年に豪州国籍を得た。インドは二重国籍を認めておらず、このとき、インド国籍を放棄した。

 豪政府の帰国禁止措置について、シンさんは電話取材に「精神的にショックを受けた。私たちはみな豪州人だ。インド系だから差別されていると感じる」と悲しそうだった。

 対応への批判が高まった政府は7日、この措置を15日で打ち切り、帰国便数便を手配すると発表した。持病があるなど脆弱(ぜいじゃく)な人たちが優先される。シンさんが搭乗できるかどうかはわからないという。(シドニー=小暮哲夫

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]