みすず書房が75周年 歴史の時間軸で「生きる」本を

有料会員記事

藤生京子
[PR]

 みすず書房(東京都文京区)が創業75周年を迎え、全国の書店で順次、記念フェアが開催されている。戦後出版史に名を残す国内外の作品の数々を世に送り出し、変化の激しい時代にあっても存在感を放つ。守田省吾社長(65)に聞いた。

 「目の前の問題への即答ではない。政治的な主張を表明することでもない。長い歴史の時間軸の中で考え、視野を広げる。そんな本を作ることを目指してきました」

 自社の本を貫く理念について、守田さんは語る。

 これまで約5千点を刊行、3分の1弱にあたる約1700点が絶版にならず「生きて」いる。今回「みすず書房75年の本――ロングセラーを中心に」と題したリストを作って自ら執筆し、本の「生命」「運命」を考えさせられたという。

 戦後まもなく焼け野原の東京で出版業を志した信州出身の創業者らには、真理と芸術文化への希求の思いがあった。『ロマン・ロラン全集』などに始まり、哲学・思想、文学、歴史、宗教、芸術、社会、精神医学、自然科学など多領域に及ぶ作品の顔ぶれは、そのまま戦後史を見晴らすスケールと奥行きをもつ。一つのシンボルが、1962年から18年間にわたり全45巻(別巻1)に及んだ『現代史資料』シリーズである。

 そうした多彩な問題提起の中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。