茨城知事、五輪開催に「状況次第で中止や再延期もある」

佐々木凌
[PR]

 茨城県大井川和彦知事は12日の記者会見で、東京五輪の開催の是非について問われ、「必ずやらなきゃいけないということではない。状況によっては中止や再延期の判断もあり得る」と述べた。組織委員会から新型コロナウイルスに感染した選手用の専用病床を確保するように打診があったが、断ったことも明らかにし、「県民より五輪選手を優先するというのは認められない。県民と同じように対応する」と説明した。

 大井川知事はこれまでの会見では、五輪について「コメントをできる立場にはない。開催するという前提で、全力で準備を進めていく」と述べるにとどめていた。この日は「すぐに中止を検討すべき状況にはない」としつつ、「仮に大阪のような医療崩壊に陥った場合は、開催は国内だけでなく、世界の理解を得られない」と発言した。

 一方、県立カシマサッカースタジアムが会場となることについては「今の感染状況であれば安心・安全な開催は十分可能だ」との認識を示した。従事予定の看護師の辞退が相次いでいることについては、「医療従事者に五輪をサポートする余裕がなくなってきているというのが現実だろう。組織委員会からの要請があれば、県としても人材確保をサポートする」と述べた。(佐々木凌)