女子高校生に「根性焼きしよう」 傷害容疑で少年ら逮捕

[PR]

 「根性焼き」などと称し、知人の女子高校生に集団で暴行を加えて大けがを負わせたとして、警視庁は高校生3人を含む16~17歳の男女5人を傷害の疑いで逮捕し、12日発表した。調べに対し、いずれも容疑をおおむね認めているという。

 少年事件課によると、逮捕されたのは、東京都立高校2年生の少女(16)=東京都足立区=やとび職の少年(17)=同=ら5人。

 5人は昨年12月5日午後11時から6日午前3時ごろ、東京都葛飾区小菅1丁目の荒川河川敷で、「根性焼きしようよ」などと言って都立高校2年の女子生徒(16)の腕やほおに火の付いたたばこを押しつけたほか、顔や腹を殴ったり蹴ったりして約3週間のけがを負わせた疑いがある。女子生徒の顔を無理やり泥に押しつける様子などを撮影していたという。

 昨年11月以降、とび職の少年が被害者の女子生徒に交際を迫ったことを発端に、トラブルになっていた。事件の当日は、この少年と交際していた少女が女子生徒を現場に呼び出したという。

 同庁は、逮捕した5人以外にも、別の男子高校生ら少年4人が暴行に加わった疑いがあるとみて調べている。