独自

ALS患者嘱託殺人罪の医師ら3人逮捕 父親を殺害容疑

【動画】ALS患者嘱託殺人罪で起訴の医師の母を殺人容疑で逮捕、移送=吉村駿・白見はる菜撮影
[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者が京都市内の自宅で急性薬物中毒で死亡した事件をめぐり、京都府警は12日、女性に対する嘱託殺人罪で起訴された大久保愉一(よしかず)容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)の両医師のほか、山本容疑者の母・淳子容疑者(76)=長野県軽井沢町=の3人について、2011年に山本容疑者の父(当時77)を殺害したとして、殺人容疑で逮捕した。

 逮捕状の容疑は、11年3月、東京都内かその周辺で、何らかの方法により、山本直樹容疑者の父を殺害したというもの。

 医師2人は19年11月、京都市内のALS患者の女性(当時51)に頼まれ、自宅で薬物を注入して殺害したとして、20年7月に京都府警に嘱託殺人容疑で逮捕、翌8月に京都地検に同罪で起訴された。その後、海外で「安楽死」を望む別の難病患者の20代女性の診断書を偽造していたとして、同10月に有印公文書偽造罪で追起訴された。

 大久保容疑者は今年2月、診察をせずに直樹容疑者の健康診断書を作成して勤務先に交付したとして医師法違反罪でも追起訴された。京都地検はいずれの事件についても、2人の認否を明らかにしていない。