接種者の9割に「中和抗体」 変異ウイルスにも効果期待

有料会員記事

中井なつみ、野口憲太
[PR]

 米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチンを接種した人の約9割で、変異ウイルス(変異株)に対しても有効性が期待できる「中和抗体」がつくられていたという研究結果を、横浜市立大学の研究チームが12日、発表した。

 従来株のほか、感染力が増したり既存の免疫から逃れたりするとされる英国型、ブラジル型、南アフリカ型、インド型など計7種の変異株に対するワクチンの効果を検討した。

 3~4月、新型コロナへの感染歴がなくワクチンを接種した医療従事者105人(平均42歳)から、接種前と、1回目と2回目の接種後の血液をそれぞれ採取。本物のウイルスを使わない、表面のたんぱく質だけを新型コロナのものに変えた「ウイルス様粒子」を用いた独自技術で、血液中に感染を防ぐ効果が期待できる「中和抗体」が十分につくられているか調べた。

 その結果、1回の接種でも、従来株については57%の人で十分な量の中和抗体が得られたが、変異株については、十分に得られないケースが目立った。一方、2回目の接種後では、英国型94%、インド型97%など、どの変異株でも9割以上の人で十分な中和抗体がつくられた。

 また、105人とは別に、接…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。