ファイザー製、12~15歳の国内治験せず判断 厚労省

新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 厚生労働省は12~15歳を対象とした新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンについて、国内で追加の臨床試験を行わずに使用できるか判断する方針を固めた。米国での12~15歳の臨床試験のデータをすでに受け取っており、これをもとに医薬品の審査をする医薬品医療機器総合機構(PMDA)が判断する。

 ファイザーのワクチンについて日本は16歳以上はすでに承認しており、対象年齢を引き下げるだけのため、国内での新たな試験で人種の差を確認する必要はないと判断した。ワクチンの使用方法などを示した添付文書の改訂で対応する方針だ。

 米国では米食品医薬品局(FDA)が10日に緊急使用許可を出しており、近く12~15歳への接種が始まる見込み。(市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]