札幌市が窓口業務の一部中止検討 保健所への応援増強で

有料会員記事新型コロナウイルス

佐藤亜季、中野龍三
[PR]

 北海道内では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに529人確認された。9日の506人を上回り、過去最多を更新。新たな死者は7人で、うち札幌市が6人。札幌市でも過去最多の352人(居住地非公表の27人を含む)の感染が確認された。札幌市では感染者の急増でコロナ対応の保健所職員が不足しており、市は区役所業務の一部を一時停止・縮小し、保健所に職員を振り向ける緊急措置を検討。市民生活にも影響が出そうだ。

 道内の新規感染者数が400人を超すのは5日連続で、500人以上となるのは2度目。札幌市のこれまでの最多は9日の327人で、200人以上は5日連続となった。

 新たなクラスター(感染者集団)の発生はなかったが、既存のクラスターでは、岩見沢市成人式後の会合で1人増え計37人、標津町特別養護老人ホーム「標津はまなす苑」でも1人増の計15人などとなった。

 札幌市は連日の感染者増を受…

この記事は有料会員記事です。残り463文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]