「ジョンはまだ子ども」ビートルズを最初に撮った日本人

有料会員記事

阿久沢悦子
[PR]

 写真家長谷部宏(はせべこう)さん(91)には、二つの称号がある。「ビートルズを最初に撮った日本人」「クイーンを最も多く撮影したカメラマン」。今年4月、卒寿を記念し、海外のミュージシャンのライブやオフショットを集めた写真集を出版した。長谷部さんがロックスターを撮り続けた40年余を語った。

 「ビートルズを撮影してくれないか」

 長谷部さんがのちに音楽系出版社シンコー・ミュージックの社長となる草野昌一氏の依頼を受けたのは、1965年。東京五輪の喧噪(けんそう)を離れ、パリで暮らしていた時のことだ。

 それまでは主に映画雑誌のカメラマンとして原節子高峰秀子長谷川一夫片岡千恵蔵らを撮影してきた。テレビ放映が始まり、映画産業に陰りが見え、思い切って日本を離れた。

 「当時、僕はビートルズを知らなかったんだ」

撮影で生きた映画誌時代の心得

 予習のため、パリの映画館で4人の初主演作「ア・ハード・デイズ・ナイト」を見た。観客の歓声でセリフが何も聞こえない。ものすごい人気だ、ということはわかった。

 6月15日、ロンドンのスタ…

この記事は有料会員記事です。残り1555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。