首相「本人が謝ってる」と認識 内閣参与「さざ波」投稿

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染状況をめぐり、内閣官房参与の高橋洋一・嘉悦大教授がツイッターで「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿したことについて、菅義偉首相は12日、撤回すべきか否かを問われ、「(高橋氏が)反省の弁を述べている」と述べた。首相官邸で記者団の取材に応じた。

 首相は、記者団から「任命権者として許容できるのか」と重ねて問われたが、「そこは本人が謝ってると思っている」と述べ、高橋氏が謝罪しているとの認識を示した。

 高橋氏は9日、各国の感染者数を比較するグラフを添え、「さざ波」「笑笑」の投稿をした。その後、インターネット上で批判が広がり、10日には首相が国会で質問を受けた。高橋氏は11日、自身のツイートについて「世界の中で日本の状況を客観的に分析するのがモットーなので、それに支障が出るような価値観を含む用語は使わないようにします」と釈明の投稿をした。

 また高橋氏は同日、動画投稿サイト「ユーチューブ」にも投稿。「さざ波」とした表現について「不快というのだったら別の言い方をするのは構わない。客観的に分析したいだけだから」と主張した。「データが間違っていれば謝るけれど、『表現の仕方が』って言われたってね。教えてくれっていう言い方だよ。どうやって言っていいかわからないよ」とも話した。「笑笑」については、「こういうふうな感染のない状態で、仮に日本が中止といったら世界から笑われるだろう、という意味です」とした。

 高橋氏は元財務官僚で、菅首相就任後の昨年10月、内閣官房参与に任命されている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]