盲目のギタリスト田川ヒロアキさん、下関市PR大使に

貞松慎二郎
[PR]

 山口県下関市出身の盲目のギタリスト、田川ヒロアキさんが12日、市のPR活動に協力する「しものせき海響大使」に任命された。市役所で前田晋太郎市長から任命書と名刺が渡され、「大変名誉なこと。音楽を通じて下関と日本各地をつなげられるような活動をしていきたい」と語った。

 先天的に視覚の障害があり、ギターの演奏方法を見た経験がない田川さん。ギターのネックを上から押さえ、ピアノのように奏でる独特の演奏スタイルを確立した。イベントの出演や子どもたちへの楽曲プレゼントなど、市の文化振興に大きく貢献している。様々なジャンルのミュージシャンと交流し、PR活動に広がりが期待できるとして、市が依頼した。

 県の「山口ふるさと大使」も務める田川さん。「もっともっと下関の曲を作りたい。下関はいい街だなと、東京に行ってよりそう感じる。下関の学校で演奏する機会も増やしていきたい」と地元愛たっぷりに話した。貞松慎二郎