「教育を殺すな」 アフガンやまぬテロ、学生標的に怒り

有料会員記事

バンコク=乗京真知
[PR]

 アフガニスタンの首都カブール西部の女子校近くで8日夕に起きた爆発で、犠牲になった生徒の数は計86人に上った。地元メディアが伝えた。教育施設を狙ったテロとしては、近年で最悪の被害とみられる。遺族や教員らは、朝日新聞助手の取材に「壊れた校舎は直っても、命は戻らない」「教育を殺すな」と訴えた。

 爆発現場に居合わせた複数の目撃者によると、校舎脇で起きた車爆弾による最初の爆発後、大勢の生徒が校外に逃げ出したところで、さらに爆発が2度あり、被害が拡大したという。地元メディアによると、サーレ副大統領は11日、大統領府での行事の席で、生徒計86人が死亡したことを明らかにした。

 学校近くに住む学生ムフタールさん(19)は「大きな爆発で家の壁が揺れた」と、その衝撃の大きさを振り返った。学校にいる妹ニクダフトさん(17)のことが心配になり、学校に向かったが、その途中の道で2度目の爆発に遭った。

 「目の前で大勢の生徒が血を流し、助けを求めて叫んでいました。そうしているうちに、また近くで3度目の爆発が起きたのです」。学校にたどり着いたが妹は見つからず、父アブドゥルさん(44)や母ラヒラ(39)と連絡を取り、親戚と手分けして地元の病院を回った。

 しばらくして、親戚から「負傷した生徒が大勢運ばれている病院がある。来てほしい」と連絡が入った。病院には数多くの遺体が並んでいた。その中に妹らしき遺体があった。顔の大半が焼けていた。「このスカーフの柄、この手のひら……。娘で間違いありません」。母ラヒラさんは泣き崩れ、遺体を抱きしめた。

 父アブドゥルさんは「私の稼ぎが悪いので、娘には無理をさせました。学校から帰ると、黙々とじゅうたんを編んでいました。3カ月で1枚のじゅうたんを編むと、8千アフガニ(約1万1千円)くらいで売れるからです。そのお金を兄弟の学費に充ててくれました。こんなに優しい娘を奪われてもなお、平和は遠いのです」と肩を震わせた。

 爆発があったのは、ちょうど…

この記事は有料会員記事です。残り1422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら