大阪→滋賀の移動、GW中に2割増 県民から不安の声も

鈴木洋和
[PR]

 滋賀県は11日、ゴールデンウィーク中の人の移動データを発表した。4月と5月の休日(土・日・祝)の平均値を比較。県内から大阪や京都への移動は2割ほど減ったが、大阪から県内へは2割、京都からは1割増加していた。

 県がヤフーからビッグデータを購入し、分析した。4月中と5月(8日まで)を比べると、県内からの移動は、大阪へは18%減、京都へは16%減、兵庫へは3%減だった。一方、大阪から県内への移動は21%増、京都からは9%増、兵庫からは4%増。愛知からも17%増えていた。

 三日月大造知事は11日の定例会見で「緊急事態宣言が出ているエリアに比べ、滋賀は大丈夫というイメージがあると思う。県民から不安の声も寄せられているので、対応を考えたい」と話した。(鈴木洋和)