IOC会見中に抗議「五輪いらない」 放送禁止用語も

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が12日オンラインで行われ、理事会後の記者会見で質問者がオリンピック(五輪)開催反対を唱えるハプニングが起きた。

 この日の記者会見は、トーマス・バッハ会長ではなく、広報担当責任者のマーク・アダムズ氏が出席。会見が30分ほど続いた後、司会者から「では最後の質問」とふられた瞬間に、そのハプニングは起きた。

 東京五輪開催反対のメッセージが書かれたタオルを画面全体にうつす男が登場すると、英語で「五輪なんてどこにもいらない。五輪なんてくそくらえ(F××× the Olympics)。(2028年)ロサンゼルスにも、東京にもいらない」と繰り返した。

 想定外の展開にアダムズ氏も驚きを隠せなかった。まもなくしてアダムズ氏は礼を述べて、質問者の画面を打ち切るよう指示した。

 東京五輪開幕まであと2カ月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。