ワクチン接種でミス、生理食塩水を誤注射 奈良の病院

新型コロナウイルス

[PR]

 奈良県生駒市の市立病院は12日、新型コロナウイルスのワクチンを個別接種した際、ワクチンの原液を希釈するための生理食塩水だけを1人に誤って注射していたと発表した。

 病院によると、4月28日に高齢者39人と病院職員ら15人の計54人にワクチンを接種。原液が入った瓶に生理食塩水を足して希釈し、注射器に移して接種する手順だが、使用済みの瓶に再び生理食塩水を足し、使った可能性があるという。

 現時点で誤注射の該当者は不明で、体調不良などを訴えている人はいないという。当日の54人が2回目の接種を受ける際に抗体検査で該当者を把握し、改めて接種する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]