海を渡った蔵書が壁一面 そこはハリーポッターの世界 

有料会員記事

文・村井隼人、写真・井手さゆり
写真・図版
モリソン書庫が入る東洋文庫。建物全体が書庫のため窓が極端に少ない=2021年4月28日、東京都文京区、井手さゆり撮影
[PR]

 ため息が出るほど美しい書棚が東京・駒込にひっそりとある。並ぶのは数々の歴史的な書物。あの人気映画に入り込んだようだ。

 館内に入れば、そこはハリーポッターの世界。吹き抜けの書庫は、高さ約10メートルの天井まで書棚が伸び、本が壁を埋め尽くす。約2万4千冊は革や布で装丁され、味わい深い。東洋文庫ミュージアム(東京都文京区)の「モリソン書庫」は、訪れた人を魔法学校の図書館に足を踏み入れた気分にさせる。

写真・図版
東洋文庫のモリソン書庫=東京都文京区、井手さゆり撮影

 入り口でもらったパンフレットによると、1924年に設立された東洋文庫は日本最古、最大の東洋学専門図書館で、蔵書は100万冊を超える。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 モリソン書庫は、専門図書館…

この記事は有料会員記事です。残り1038文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら