ワクチンの特許放棄、米通商代表「米国の指導力発揮」

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米通商代表部(USTR)のタイ通商代表は12日、米政権が新型コロナウイルスのワクチンに関わる知的財産(特許)の一時放棄を認めたことについて、「世界貿易機関(WTO)における米国の指導力を確認し、発揮するものだ。加盟164カ国・地域に対し、本気で取り組み、団結するよう促す」と述べた。

 米上院財政委員会の公聴会で証言した。バイデン政権としてWTOを舞台にしたルール形成に積極的に関与し、公衆衛生や通商政策上の主導権を握りたいとの意欲をにじませた。

 一方で「全164加盟国・地…

この記事は有料会員記事です。残り549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。