茨城・城里町長がワクチン接種 「自分も医療従事者」

新型コロナウイルス

藤田大道
[PR]

 茨城県城里(しろさと)町の上遠野(かとうの)修町長(42)は13日午前、新型コロナウイルスのワクチン接種を4月下旬に受けていたと明らかにした。医療従事者向けの接種枠にキャンセルが生じたため、町幹部や集団接種会場の受付などを担う町職員ら11人とともに接種したという。

 一部報道を受け、臨時会見を開いた。

 上遠野氏によると、接種を受けたのは4月28日。26、28日に町内の医療従事者計162人に集団接種する予定だったが、このうち12人について直前にキャンセルが出た。

 キャンセルが出た場合には町職員約10人に接種する想定だったが、それを上回る数だったため、町のワクチン接種の責任者として「行政活動、ワクチン接種事業の停滞をさせないために接種した。自分の優先順位は高くなかった」と述べた。「接種会場となる診療所の設置者にあたる自分も医療従事者の一員と言える。国の通知に従った」とも説明した。報道を受けての公表については「問題だとは思っていなかった」とした。(藤田大道)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]