退院日に急死、不審な死亡届 医師らによる父殺人容疑

【動画】ALS患者嘱託殺人罪で起訴の医師の母を殺人容疑で逮捕、移送=吉村駿・白見はる菜撮影
[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に対する嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕されて10カ月。事件は、10年前の容疑者の父の死をめぐる強制捜査へと急展開した。

 捜査関係者によると、京都府警が12日に殺人の疑いで逮捕したのは、大久保愉一(よしかず)容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)の両医師、山本容疑者の母の淳子容疑者(76)=長野県軽井沢町

 3人は共謀して2011年3月5日、東京都内で、何らかの方法で山本容疑者の父(当時77)を殺害した疑いがある。父は当時、長野県の病院に入院していたが、東京都内の病院に転院するとして、同日に退院していた。

 父の死亡届は、退院と同じ日に淳子容疑者の名前で東京都中央区役所に出され、午後に東京都江戸川区のアパートで亡くなったと書かれていた。死亡診断書には、心臓や血管の異常で急死したと書かれ、診断した医師の欄には、大久保容疑者と山本容疑者の共通の知人の医師名が記されていた。

 だが、この医師の所属先として記載されていた診療所は実在していなかったことが確認されたという。また、この医師は、任意の調べに対し「当時は研修医で心当たりがない」と証言したとされる。

 さらに、当時の父の健康状態について、長野県の病院の主治医に聴くと「死に直結するような病状ではなかった」などと証言したという。

 府警はこうした状況を踏まえ、逮捕された3人が死亡届や死亡診断書の内容を偽造し、病死や自然死にみせかけて父を殺害したとの見方を強め、殺人容疑での逮捕に踏み切ったとみられる。