ボビー・オロゴン被告に罰金10万円判決 妻への暴行罪

黒田早織
[PR]

 自宅で妻の顔を小突いたとして暴行の罪に問われたタレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)被告(55)の判決公判が13日、さいたま地裁であり、一場修子裁判官は求刑通り、罰金10万円の判決を言い渡した。

 判決によると、ボビー被告は2020年5月16日、さいたま市内の当時の自宅で、妻に「ボコボコにするから」などと言って左頰を指先で小突いた。

 判決では「対応は軽微と言えるが、『ボコボコにするから』などと言ったのは恐怖心を抱かせる文言で悪質だ」と認定。「被告は公判で『ボコボコにするというのは普段からの口癖で、相手を落ち着かせるために言った』と話したが、その前のやりとりからすると立腹していたのは明らかで、認められない」などとした。

 ボビー被告は黒いスーツに明るいグレーのネクタイ姿で出廷。一場裁判官が最後に「今の内容は分かりましたか」と尋ねると、小さな声で「YES」と答えた。(黒田早織)