東京五輪の来秋への延期を求める 国民・玉木雄一郎代表

鬼原民幸
[PR]

 国民民主党は13日、今夏に開催予定の東京五輪パラリンピックについて、来年秋に再延期するよう菅義偉政権に求める方針を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に収束のメドが立たないことから、「国民の命と健康を最優先に考えるべきだ」としている。

 記者会見した玉木雄一郎代表は、海外からの観客を入れないことが決まったことなどを挙げ、「すでに政府が目指した『完全な形の五輪』は開催できなくなっている」と指摘。「ワクチン接種の見通し、アスリートのために酷暑をさける観点からも、来秋の開催を提案したい」と述べた。

 また、仮に政府が今夏の開催を「強行」する場合、医療提供体制への影響や、収益減による国民負担の有無などについて、「今月中に医療関係者を含む第三者機関で検証すべきだ」との考えを示した。鬼原民幸