経営危機のローカル線が変身 「日本一の菜の花鉄道」に

有料会員記事

青山祥子、大嶋辰男、三嶋伸一
【動画】鈴川絢子が行くちば鉄 いすみ鉄道=大嶋辰男、酒井祥宏撮影
[PR]

 吉本興業鉄道好きユーチューバー、鈴川絢子です。「ちば鉄」3回目は、いすみ鉄道。なんと、社長から直接、取材依頼のメッセージを頂き、うれしくて来ちゃいました!

「鉄道王国」の千葉県を、鈴川絢子さんが巡る企画「ちば鉄」の3回目。さらに鉄分増量でご紹介します。後半では、いすみ鉄道の代名詞とも言える「菜の花」の秘密も紹介します。

 始発駅の大原駅です。止まっているのは、「いすみ300形」。新しい車両なんですけど、なんか懐かしい感じですね。

 早速乗り込みます。おおお、1両編成、いいですねえ。ボックス席がなかなか雰囲気を出してます。ここ見てください! 最前面は大きな窓。お隣に運転席がありますが、乗客用スペースがかなり広く、前面展望かぶりつきで、ずっと見ていたくなる。

 いすみ鉄道は、14駅の路線になっています。終点の上総中野駅は小湊鉄道さんと同じ駅なので、つなげて乗ってみてもみてもいいんじゃないかと思います。

 さあ、車両が走り出しました。いすみ鉄道は、非電化で、すべてディーゼルエンジンを搭載した気動車なんですよ。車両の音も楽しみましょう。

 田んぼに水が入っていてとてもきれい。日本の原風景のような景色が広がっています。

応援団が支えるローカル線

 いすみ鉄道は旧国鉄の特定地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。