初公判直前に2度の…一家殺傷事件の容疑者巡る異例捜査

有料会員記事

[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年に起きた一家殺傷事件で、夫婦を殺害したとして岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市=が7日に逮捕された。岡庭容疑者をめぐる警察の捜査は昨年11月以降、いくつかの「節目」で異例の経緯をたどった。

過去の事件から浮上

 殺傷事件が起きたのは、2019年9月23日午前0時40分ごろのことだ。

 林に囲まれた住宅の2階寝室で、小林光則さん(当時48)と妻美和さん(同50)が首や胸などを刃物で刺され亡くなった。5人家族のうち、2階の別の部屋にいた当時中学1年の長男(14)は手足を切られ重傷、小学6年の次女(13)も催涙スプレーを両手にかけられ軽傷を負った。1階にいた長女(22)にけがはなかった。

 周辺の防犯カメラに犯人らしき映像はなく、現場には凶器も残っていなかった。茨城県警は当初、小林さん一家の交友関係を中心に捜査した。だが、目立ったトラブルは確認されず、捜査は長期化した。県警は交友関係の捜査と並行して、県外を含め過去に面識のない人を刃物で襲うなどした事件の洗い出しを進めた。

 その中で浮上したのが、岡庭容疑者だった。11年に面識のない複数の少女を刃物で切りつけたとして埼玉県警に逮捕された。当時少年だった岡庭容疑者は起訴され、公判で「女の人を襲う時は性的に興奮した」と動機を述べていた。さいたま家裁が13年に医療少年院送致の保護処分としたが、殺傷事件の前には少年院を出ていた。

物々しい捜索

 茨城県警から連絡を受けた埼玉県警は、茨城県警との合同捜査班を設けた。人に危害を及ぼすおそれがある商品を購入した形跡があるとして、埼玉県警は昨年11月19日、三郷市の岡庭容疑者宅を殺人予備の疑いで家宅捜索した。

 捜索に先立ち、県警は岡庭容疑者に任意同行を求めた。午前6時ごろに始まった捜索では、危険物に備えて青や黄色の防護服に身を包み、ヘルメットと防毒マスクをかぶる捜査員の姿もあった。

 捜索の結果、硫黄やアルコール類など消防法上の危険物が見つかった。日付が変わった頃、岡庭容疑者は硫黄約44キロを貯蔵したとする三郷市火災予防条例違反容疑で逮捕された。起訴時の罪名は消防法違反に変わり、その後も勾留が続いた。

 ある捜査幹部は「普通はこの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。