入管法「誰にとってもひとごとでない」作家・温又柔さん

有料会員記事

板垣麻衣子
[PR]

 外国人の収容や送還のルールを見直す出入国管理法改正案について、今国会での成立をめざす与党と、慎重な審議を求める野党とのせめぎ合いが続いている。改正案に反対の声をあげる一人が、作家の温又柔(おんゆうじゅう)さんだ。6日には、作家の星野智幸さんや中島京子さんとともに、法案に反対する作家や弁護士らの会見に参加した。

 温さんは、台湾出身の父母と3歳のときに来日し、「家族滞在」の在留資格で育った。資格更新のために数年に一度通っていた入管は「何か自分たちの運命を握る、親を超えるようなちょっと怖いイメージがありました」と、自身の経験を会見で語った。

 星野さん、中島さんらと共有する問題意識は、入管の問題が「ひとごと」ではないという点だ。「知らないうちに『移民』として他者化され、不可視化され、えたいの知れない人たちに生殺与奪を決められる」。そしてそれは、「非国民」とみなされるという形で、日本国籍を持つ人にも起こりえる。その意味で誰にとっても「自分ごと」なのだと。

 温さんは、大学院修了が迫っ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。