町長接種、なぜ非公表 「やましさ疑われても仕方ない」

[PR]

 茨城県城里町の上遠野修町長(42)が4月下旬、65歳未満なのにワクチン接種を受けていた。兵庫県神河町の山名宗悟町長(62)が接種を受けていたことも判明した。公正さを守るべき自治体トップとして問題はなかったのか。社会のルールや制度の正しさを研究する法哲学者の瀧川裕英・東京大教授に聞いた。

 瀧川教授はまず、「法治国家である以上、ワクチン接種についてもルールを定め、そのルールをすべての人に平等に適用するのが大原則。町長や町幹部をルールの外で特別扱いすることは許されない」と指摘する。

 ワクチン接種のルールはどうなっているのか。

 ワクチンの量が限られ、接種対象に優先順位をつけざるをえない中で、厚生労働省が掲げるのは「医療提供体制の確保」や「重症化リスクの大きさ」などの基準だ。今回の町長への接種は「医療従事者」「重症化リスクの高い高齢者」のいずれにも当てはまらない。

 自身への接種の理由について…

この記事は有料会員記事です。残り606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]