京都で子ガモ12羽が引っ越し 「困った母親」はどこへ

有料会員記事

富永鈴香
[PR]

 京都市左京区の要法寺の清涼池で育った子ガモ12羽が13日、約700メートル離れた鴨川に「引っ越し」をした。毎年おなじみの光景だが、今年は異変が。親ガモの姿がなかったのだ。

 午前8時45分、曇り空の下、子ガモたちだけですみ慣れた池を出発した。

 「お兄ちゃん、頑張れ。先頭に立ってくれ」

 住宅街に声援が響き渡る。何事かと集まる見物客らをよそに、ご近所さんらは慣れたもの。歩きやすいようにと鮮魚店や花屋が提供した水をまき、列が乱れないよう段ボールで左右と後方をブロック。近くの川端署員も人々に「前をあけて」と呼びかけ、引っ越しをサポートした。

 生まれたのは3月末。寺によ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。