兵庫・三田市長、高齢者向け始まる前にワクチン接種

[PR]

 一般高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチンの集団接種が始まる前の兵庫県三田市で、森哲男市長(69)が13日に接種を受けていたことが分かった。

 市秘書広報課によると、森市長は13日午前、医療従事者向けのワクチンに余りが出たという連絡があり、急きょ接種を受けた。感染で市政運営に支障が出ないようにする危機管理のためだったという。同市では一般高齢者への集団接種は17日からを予定しており、森市長は「時期が早かった点については、慎重に対応するべきだった」と話しているという。