藤井聡太二冠が順位戦で勝利 22連勝で歴代単独2位に

村瀬信也
[PR]

 藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が13日、東京都渋谷区将棋会館で第80期将棋名人戦・B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の1回戦に臨み、三浦弘行九段(47)に勝った。名人への挑戦権を争うA級への昇級に向け、好スタートを切った。順位戦の連勝記録は歴代単独2位の22に伸びた。1位は森内俊之九段(50)の26連勝。

 三浦九段の誘導で戦型は「横歩取り」に。劣勢に立たされた藤井二冠が辛抱を重ねて逆転勝ちを収めた。終局は日付をまたぎ、14日午前0時26分だった。対局後、藤井二冠は「苦しい時間が長かった。今後も厳しい相手が続くので、より一層気を引き締めたい」。順位戦の連勝については「全く意識していない。次の一局に新たな気持ちで臨めれば」と述べた。三浦九段は「(中盤で)踏み込んでいった先に誤算があった」と振り返った。

 藤井二冠の順位戦の通算成績は40勝1敗となり、6月3日の2回戦では稲葉陽(あきら)八段(32)と対戦する。

 藤井二冠は前期B級2組で10戦全勝の成績を挙げて昇級。B級1組は13人が総当たりで戦い、上位2人がA級に昇級する。村瀬信也