首都高から車が転落、隅田川へ 22歳の男性が死亡

会員記事

[PR]

 14日午前5時ごろ、東京都墨田区の首都高向島線の両国ジャンクション付近で、首都高を走っていた乗用車が隅田川に転落した。車を運転していた茨城県小美玉市東田中の飲食店従業員、槍崎(うつぎざき)湧太さん(22)が川から救出されたが、病院へ搬送後、死亡が確認された。警視庁が事故の原因を調べている。

 同庁によると、現場は両国ジャンクションの近くのゆるやかなカーブで、槍崎さんの車は左の側壁にぶつかった後、道路右側に設置されていた緩衝材と衝突。右の壁を乗り越え、川に転落したとみられる。

 東京消防庁がボートで捜索し、川に落ちた車の運転席に座った状態で槍崎さんが発見された。1人で乗っていたとみられるという。

 この事故の影響で、午前6時…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。