GoToイート、利用期限を再び延長 最長12月末まで

新型コロナウイルス

高木真也
[PR]

 農林水産省は14日、飲食店支援策「Go To イート」のプレミアム付き食事券やポイントの利用期限を6月末から最長12月末に延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で食事券の販売中断やポイントの利用自粛が続いているため、2度目の延長を決めた。

 購入額に25%分を上乗せして使えるプレミアム付き食事券は、今月13日時点で東京や大阪など33都道府県が販売を中断しており、販売額も全体の約6割にとどまる。そこで、4月以降に販売を中断している都道府県を対象に、12月末までの一定期間延長を認めることにする。期間は4~6月に中断した日数に合わせる。

 ネット予約で使えるポイントも利用期限を6月末から12月末に延長する。ポイントの付与は昨年11月に終了している。

 「イート」はコロナ禍の収束後に飲食店の消費を促す目的で、昨年度の1次補正予算で1484億円を計上(事務費を除く)。3次補正予算追加経済対策では、プレミアム率を20%に下げた食事券を追加販売するために505億円が計上された。当初は利用期限を3月末としていたが、感染拡大などを受けて6月末に延長していた。(高木真也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]