東海大柔道部、55人コロナ感染 150人同じ寮で生活

新型コロナウイルス

[PR]

 東海大学は13日夜、湘南キャンパス内(神奈川県平塚市)で活動する男子柔道部員55人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。男子柔道部員は約150人全員が同じ寮で生活していたという。

 大学によると、10日に部員1人の感染を確認。翌11日にも別の部員1人の感染が分かったため、この日のうちに練習を打ち切った。12日から部員、コーチ、スタッフらにPCR検査を実施したところ、同日に新たに部員1人、13日には部員52人が感染していることが判明した。感染が確認された部員55人は全員無症状だという。当面の間、活動を停止し、部員やスタッフの外出を禁止している。

 同部は日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長や柔道男子日本代表の井上康生監督らが輩出した名門。大学は14、15日を臨時休講とし、23日まで同キャンパス内への入構を禁止する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]