「なぜ延命させる」 逮捕の医師ら、父の治療方針に反対

[PR]

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが、一方の父に対する10年前の殺人容疑で逮捕された事件で、当時父が入院していた病院側が、父が栄養を摂取しやすいようにと胃ろうの造設を提案した際、逮捕された医師が「なぜ延命させようとする」と反論していたことが、捜査関係者への取材でわかった。京都府警が経緯を調べている。

 逮捕されたのは、医師の大久保愉一(よしかず)容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)、山本容疑者の母・淳子容疑者(76)。3人は共謀して2011年3月5日、東京都内で山本容疑者の父(当時77)を殺害した疑いがある。府警は3人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、父は当時、長野県の病院に入院していた。死に直結するような病状ではなかったとされるが、物をそしゃくしてのみ込む嚥下(えんげ)機能が低下しつつあり、主治医はチューブで胃に直接栄養を送る胃ろうの造設を淳子容疑者に提案した。父は同意する意向を示していたという。

 だが、淳子容疑者から相談を受けた山本容疑者は、病院側に「なぜ治して長生きさせようとするのか」と反論していたという。知人が勤める東京都内の病院に転院させることを主張し、父は同3月5日午前に退院した。

父への恨みつづったメールも

 府警は父が退院後、数時間以内に東京都内で殺害されたとみており、死亡届は同日午後に淳子容疑者の名前で東京都中央区役所に提出された。山本容疑者が転院先に挙げていた病院に府警が確認すると、転院した記録はなく、転院の手続きがとられた形跡もなかったことがわかったという。

 府警が3人から押収したパソコンなどの通信記録を調べたところ、父が死亡する約1カ月前から、山本容疑者と大久保容疑者の間で火葬や死亡診断書の作成などをめぐるやりとりがメールで交わされ、山本容疑者と淳子容疑者の間では、父について「周囲を不幸にする」とし、恨みをつづったメールもあったという。

 府警は、山本容疑者らが父の存在を疎ましく感じ、死因や死後の手続きなどに詳しい大久保容疑者と殺害の計画を具体化させていったとみている。