2年連続ニュースデザイン協会優秀賞を受賞 朝日新聞社

[PR]

 世界の優れた報道デザインを表彰するニュースデザイン協会(SND、本部・米国)の「ベスト・オブ・プリントニュース・デザイン」で、朝日新聞の特集3点が2020年の優秀賞を受賞した。朝日新聞社が同賞を受賞するのは、前年の「災害大国 いのちを守る」に続いて2年連続。世界のメディアから3200を超す応募があった。

 

 受賞したのは以下の3点。

「プリントとデジタルの組み合わせ」部門で、

 

「東京100days 初のクラスター 発生源未解明」

(20年5月17日朝刊、プレミアムA)

https://digital.asahi.com/special/coronavirus/tokyo-100days/別ウインドウで開きます

 

「コロナ大流行 世界一変」

(20年12月20日朝刊)

https://www.asahi.com/special/corona/yearly/

 

自然災害気候変動」部門で、

 

「災害大国 医療届くまで どうしのぐ」

(20年1月27日朝刊)

 

 いずれも、ビジュアルデータやイラストを使って分かりやすく解説している。