「いまこそ彼」 バイオリン竹澤恭子を魅了する作曲家

有料会員記事

杢田光
[PR]

 「春」をはじめとするベートーベンの三つのバイオリン・ソナタを、世界的バイオリニストの竹澤恭子が奏でる。大作ぞろいで「聴いていただく皆さんも、体力の消耗がすごいかもしれません」と朗らかに笑う。

日本に拠点を移したわけは…

 1989年のデビュー以来、30年以上にわたって米仏を拠点に活躍してきた。「3歳から歩み始めた音楽人生。色んな国をとどまることなく駆けめぐり、無我夢中で弾いてきました」

 そして2年前、東京に居を移した。昨春には東京音楽大の教授に就任。「年齢とともに、今後どんなことができるかなと考えるようになったんです。教えることが元々すごく好き。生まれ育った日本の生徒さんたちに、自分が色んな国で体験したことをお伝えしたい」と語る。

 ベートーベンのバイオリン・ソナタを語るとき、ピアノの存在は想像以上に大きい。それは決して伴奏などではなく、ともに深く音楽を奏でる同志となる。

 ピアニストの江口玲(あきら)とは、高校時代に米アスペン音楽祭で出会い、それから30年以上の付き合いだ。「音楽も性格も理解している仲間」と信頼をおく。

 2002年から翌年にかけて…

この記事は有料会員記事です。残り480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。