安倍前首相に復権の兆し 再々登板に渦巻く警戒と熱視線

有料会員記事

岡村夏樹

拡大する写真・図版フロントライン

[PR]

 国会議員の事務所が並ぶ東京・永田町の議員会館。ひときわ人の出入りが激しいのが自民党安倍晋三前首相の部屋だ。

【プレミアムA】 未完の最長政権

敵と味方を峻別(しゅん・べつ)する――それは安倍政権の特徴の一つだった。敵と見なせば、ためらいなく批判を加える一方、身内への甘さがたびたび指摘された。社会に生まれた溝は深まり、いまも修復されずにいる。

 党内で賛否が割れる選択的夫婦別姓の議論が再スタートした4月上旬には、高市早苗総務相山谷えり子元拉致担当相ら、制度導入に慎重な議員が訪問。別の日には、安倍氏に近い下村博文政調会長、衛藤晟一前沖縄北方相らの姿もあった。面会した一人が言った。

 「安倍さんはもう完全復活だ」

 持病の潰瘍(かいよう)性大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。