大分県で新たに102人感染 初の3桁、市中感染も続く

新型コロナウイルス

寿柳聡
[PR]

 大分県は14日、県内で新たに102人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染者が100人を超すのは同県で初めて。同県由布市の市立小学校2校でクラスター(感染者集団)が発生して児童・教職員計39人の感染がわかったことが人数を押し上げた。県は残る全児童と全教職員の検査を進めている。

 102人のうち28人は感染経路がわかっておらず、大分市を中心に市中感染も続いている。14日までに60代の患者1人が死亡し、同県内の死者は計32人になった。(寿柳聡)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]