「市中感染拡大が始まっている」 インド型変異株に懸念

有料会員記事

野口憲太
[PR]

 インドで最初に見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株が、国内でも英国型などと同じ「懸念される変異株」に指定され、14日からは水際対策も再強化された。だがすでに、国内での感染事例は、じわじわと広がりつつある。

 東京医科歯科大学は14日、入院中の患者1人が、インド型の変異株に感染していたと発表した。

 同大の武内寛明准教授は、地域の感染状況をそのまま表しているとは限らないとしつつ、「(インド型の)市中感染の拡大が始まっている、と捉えることはできる」と話した。

 この患者は新型コロナに感染…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。