低たんぱくケーキでほっこり 和歌山の山あいから通販

会員記事

勝部真一
[PR]

 和歌山県田辺市の山あいにある旧龍神村地域に移住した夫婦が営む洋菓子店で、通信販売している「低たんぱくケーキ」が人気を呼んでいる。重い腎臓の病気をきっかけにパティシエになった妻の思いが込められている。

 低たんぱくケーキは腎臓病などたんぱく質制限が必要な人向けのホールケーキで、小麦粉の半分以上をでんぷん小麦粉に換えて、たんぱく質量を通常のケーキの3割程度にした。植物性ホイップクリームを使い、卵や乳製品なども抑えている。冷凍で届けられ、果物などを自宅でトッピングする。ネットなどで評判になり、2週間から20日待ちになっているという。

 製造する「菓子工房HOCC…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。