「オレオレと言われず…」 4千万円のオレオレ詐欺被害

黒田早織
[PR]

 さいたま市浦和区の無職の女性(76)が4351万円のオレオレ詐欺の被害に遭った。女性はオレオレ詐欺のことは知っていたというが、「実際に電話で『オレ、オレ』とは言われなかったから違うと思った」などと話しているという。埼玉県警浦和署が14日、発表した。

 署によると、4月16日午後2時ごろから女性宅に複数回、長男や長男の会社関係者をかたる男らから「かばんが置き引き被害にあった」「お金を支払わなければならないから用意してほしい」などと電話があった。女性はこの日から26日まで計7回、自宅付近やJR両国駅東京都墨田区)付近の路上で、長男の代理人を名乗る男女に現金計4351万円を手渡した。

 電話連絡が途絶えたことを不審に思った女性が30日、県内に住む会社員の長男(52)の自宅を実際に訪ね、詐欺だと分かった。女性は「ATMを使った還付金詐欺も知っていたが、路上に呼び出されるパターンは聞いたことがなく、詐欺だと思わなかった」とも話しているという。(黒田早織)