地方の街から医療から、漏れる悲鳴 急展開の宣言拡大

会員記事新型コロナウイルス

佐野楓、鈴木剛志、阿部浩明、戸田拓、斎藤徹 松尾葉奈、三宅梨紗子、佐藤英法 小沢邦男、吉川喬 松田果穂、張春穎 川辺真改
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大がとまらず、緊急事態宣言の対象に北海道と広島、岡山の両県が急きょ加えられた。宣言に準じるまん延防止等重点措置の対象も拡大。医療現場の状況が深刻さを増す一方で、飲食店や観光業からは嘆きが漏れる。

 「感染者数が多すぎる。宣言が出れば横ばいくらいにはなるんじゃないか」

 札幌市の無職男性(72)は宣言についてこう語る。不安なのは、飲食店を営む次男のこと。時間短縮営業や休業の要請が出れば、補償だけでは店を維持できない。「今に札幌の店がみんなつぶれてしまうのでは」と声を落とす。会社員女性(45)は「みんな自粛要請に慣れているので、宣言に効果があるか疑問だ」と話した。

 札幌市に隣接する小樽市。すし店おかみの女性(59)は、重点措置から一転して宣言が出されることになり、店への「要請」の内容が気がかりだ。「補償がどうなるのかなど、色んなことがわからず不安」。函館市居酒屋を営む男性(56)は「いつまで繰り返すのか。やるなら中途半端でなく徹底してほしい」と注文を付けた。

「コロナとの戦い、ゲリラ戦のようなもの」

 北海道の新規感染者数は4月…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]