「ちょい乗り」EV開発、名古屋の企業 従業員は20人

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 電動モーターで動き、二酸化炭素を出さずに走る電気自動車(EV)。大手メーカーの開発競争が激しくなるなか、工場を持たずに開発を進める企業が、名古屋市にある。従業員は約20人。手がけるのは、短距離移動用の「ちょい乗り」の電動モビリティーだ。

 1930年代の高級車のようなオープンカーなのに、エンジン音を立てることなく進む。全長は約2メートルで、軽自動車より一回り小さい。最高速度は時速50キロで、坂道も登れる。

 このブレイズ(名古屋市)の「EVクラシック」は、昨年12月に発売された。リチウムイオン電池を搭載し、電動モーターで走る。1回の充電での航続距離は約50キロ。家庭用コンセントで充電できる。

 車両区分は「ミニカー」にあたり、公道を走れる。森竜太取締役は「レトロなデザインの車に憧れ、休日に趣味で走るために購入する愛好家が多いんです」。

工場持たず生産委託、低価格を実現

 ブレイズは2002年に設立…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。