八王子の中2自殺は「いじめと学校対応が要因」 再調査

有料会員記事

高田誠 横山輝
[PR]

 東京都八王子市の市立中学2年、永石陽菜(ひな)さん(当時13)が2018年に自殺した問題で、市いじめ問題調査委員会は14日、いじめに加え、学校の対応が自殺の要因となったとする再調査結果を公表した。永石さんからの相談後もいじめと認識していなかった学校の対応に、「(永石さんが)心理的苦痛を強めた可能性がある」と厳しく指摘した。

 報告を受け、石森孝志市長は、調査委員長の倉持政勝弁護士らとともに記者会見。「学校の対応が不十分だった。内容を精査して再発防止に取り組む」などと述べた。

 永石さんは18年8月に自殺を図り、翌月亡くなった。市教委の調査部会は翌年の報告書で、永石さんが不登校となった原因に所属運動部の上級生らのいじめが関係したと認定。ただ、いじめと自殺に直接の関連は認められないとしたため、両親が「納得がいかない」と、いじめ防止対策推進法にもとづき、市長に再調査を申し立てていた。

 弁護士ら第三者でつくる市諮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。