Jリーグのスタジアム、大規模接種会場に 豊田や町田も

新型コロナウイルス

浜田奈美
[PR]

 Jリーグの村井満チェアマンは14日、全国知事会飯泉嘉門会長とオンラインで記者会見し、新型コロナウイルスのワクチン接種を推進するため、自治体が大規模接種会場として使うJリーグ各チームのグラウンドで、Jリーグが協力することを明らかにした。

 村井チェアマンによると、J1、J2、J3の計57クラブのうち、54クラブが自治体所有のスタジアムをホームグラウンドにしている。すでに豊田スタジアム(愛知県豊田市)、町田GIONスタジアム(東京都町田市)が大規模接種会場に決まり、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)も地元自治体と調整中という。

 Jリーグは接種の際、周辺の交通整理や会場の動線づくりなどのオペレーション▽接種を担う医療関係者への協力要請や住民への広報▽サポーターや住民への啓発、などを実施する。

 村井チェアマンは「Jリーグは地域の支援でここまで来られた。恩返ししたい」と述べ、飯泉会長は「提案に感謝する。特に接種が大規模化する一般接種での協力に期待したい」と話した。

 Jリーグ内で「大規模接種でJリーグのノウハウを活用できないか」との議論があり、クラブ代表者らによる実行委員会で11日に議論し、全会一致で賛同を得たという。(浜田奈美)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]