「どうして1歳の息子まで」 ガザ空爆、死者120人超

有料会員記事

エルサレム=清宮涼
[PR]

 パレスチナ自治区ガザ地区への空爆を続けているイスラエル軍は14日、地上部隊による攻撃を開始したことを明らかにした。部隊をガザ内部へ侵攻させる準備を進めているとみられ、市民を巻き添えにした戦闘がさらに激化する可能性が懸念されている。

 イスラエル軍は10日夜、ガザからロケット弾が発射されたことへの報復措置として、ガザへの空爆を始めた。さらに軍は14日、イスラエルから地上部隊による攻撃を開始したことを明らかにした。

 ガザでは空爆による犠牲者数が増え続けている。ガザの保健省によると、死者はこれまで子ども31人を含む122人に上る。

 ガザ北部ベイトハヌーンに住むムハンマド・マスリさんは、10日の空爆で長女ラハフさん(10)、長男イブラヒムくん(9)、次男マルワンくん(7)、三男ヤザンくん(1)の4人の子どもを失った。

 家族そろって自宅近くで過ご…

この記事は有料会員記事です。残り1114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら