「上映しとっても感染してないし」 映画関係者ら抗議

有料会員記事新型コロナウイルス

浅沼愛
[PR]

 大阪市中央区大阪府庁前で14日夕、映画関係者ら約30人が「#映画館への休業要請に抗議します」「上映しとっても感染(うつ)してないし」といったメッセージを庁舎に向けて掲げた。無言の抗議「サイレントスタンディング」で、休業要請の見直しや補償を訴えた。

 先月25日からの緊急事態宣言で、施設の床面積が1千平方メートル超の映画館は、特別措置法に基づく休業要請の対象になった。府は、休業に応じた映画館には協力金として1日20万円を支給する方針だという。

 一方、1千平方メートル以下のミニシアターは、休業ではなく営業時間の短縮要請の対象になった。府によると、大規模商業施設内にあり、施設全体が休業する場合を除き、協力金は支給されない。大阪興行協会(大阪市)によると、映画館でのクラスターの発生事例はないという。

 抗議に参加した大阪市西区の…

この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]