第1回中国への安倍親書「書き換え」 外交で始まった側近政治

有料会員記事

【動画】大国化する中国との関わり方の変化やロシアのプーチン大統領との北方領土交渉、安倍前首相とトランプ米大統領の関係…政府関係者の証言から浮かび上がる安倍外交の功罪とは。
[PR]

 安倍晋三首相が中国トップに送った1通の首相親書は、日中関係の進路を大きく変える契機となった。そしてその文面は、首相官邸の内部に深刻な対立をもたらすことになる。

「未完の最長政権」第3部第1回

 一通の首相親書が、日中関係の軌道を大きく変えていった。2012年に首相の座に返り咲いた安倍晋三は当初「対中牽制(けんせい)」を強調したが、徐々に「競争」から「協力」へ軸足を移す。その転機となったのが「習近平(シーチンピン)国家主席に宛てた安倍首相親書の書き換えだった」。複数の政府関係者はそう証言する。

 親書は17年5月、中国とのパイプを重視する自民党幹事長二階俊博が中国が掲げるシルクロード経済圏構想一帯一路」に関する北京での国際会議に参加した際、安倍が習主席宛てに託したものだった。

 二階訪中には経済産業省出身で、安倍側近の首相秘書官、今井尚哉が同行。習と対面した二階は「ここで読んでください」と笑顔で親書を手渡したという。親書には、中国の一帯一路を評価する内容が記されていた。

 中国に渡った親書の内容を知った国家安全保障局長の谷内(やち)正太郎は愕然(がくぜん)とした。自らまとめた原案から大幅に書き換えられていたからだ。安倍に面会を求め、詰め寄った。

 「行政のシステムとして4大臣会合で了承された基本方針と全く異なる内容の親書が、私の知らないところで秘書官の一存で発出されたのはどういうことか。自分としては承服しがたい」

【プレミアムA】 未完の最長政権 第3部

「外交の安倍」。2012年に首相の座に返り咲いた安倍晋三前首相はそう呼ばれた。「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」を掲げ、訪問国は80カ国を数える。「未完の最長政権」第3部では、安倍外交の内実を検証する。

 谷内はそれまで、集団的自衛権の行使容認など、安倍の外交・安保戦略の指南役を務め、安倍が創設した、日本の外交・安全保障戦略の司令塔「国家安全保障会議(NSC)」を束ねる初代の国家安全保障局長に抜擢(ばってき)された人物だ。

拡大する写真・図版国家安全保障局の初代局長に任命された谷内正太郎元外務次官(左)と握手する安倍晋三首相=2014年1月7日、首相官邸、越田省吾撮影

 中国の一帯一路に対抗すべく、谷内らが「自由で開かれたインド太平洋戦略」を練り上げ、安倍は16年8月のアフリカ訪問で、この新戦略を日本外交の方針として世界に発信していた。

 二階訪中はその翌年。谷内らが手がけた親書原案は「日本は一帯一路に慎重に対応していく」方針で作成され、安倍、副総理の麻生太郎官房長官菅義偉らの了承も取り付けていた。だが、中国側に渡った親書は、その方針と正反対の内容となっていた。

 政府関係者によれば、谷内に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。