日米仏が九州で共同訓練 海洋進出する中国を牽制

有料会員記事

具志堅直、神谷裕司、成沢解語
[PR]

 陸上自衛隊米海兵隊、仏陸軍が15日、宮崎、鹿児島両県の霧島演習場で共同訓練を実施し、報道向けに公開した。敵が占拠した離島の奪還を想定したもので、日米仏の3国で歩調を合わせ、海洋進出する中国を牽制(けんせい)するのが狙いだ。仏軍が日本の陸上訓練に参加するのは初で、日本周辺海域を含むインド太平洋地域をめぐって存在感を高めたい思惑があるとみられる。

 降り続く雨のなか、小銃などで武装した日米仏の各部隊が高原を前進した。霧島演習場での訓練はこの日、悪天候で予定が大幅に変更された。隊員らを地上に降ろす「ヘリボーン」では、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)から飛来予定だったオスプレイの参加が見送られ、すでに到着していた陸自の輸送ヘリコプターから各部隊が配置についた。

 一方、宮崎県えびの市などでは、訓練に反対する団体が「武力で平和は守れない」などと抗議の声を上げた。宮崎、鹿児島両県の労組などは15日に数百人規模の抗議集会を地元で予定していたが、新型コロナ感染拡大防止のため中止した。

 訓練は11~17日の日程で、霧島演習場のほか、相浦駐屯地長崎県佐世保市)や九州西方海空域で行う。陸上自衛隊約100人、米海兵隊約60人、仏陸軍約60人の計約220人が参加。15日はヘリコプターから陸地に降り立った後、市街地戦闘を想定して空包を撃つ訓練をした。17日までに、至近距離の的を狙う射撃訓練などを実施する予定だ。

 訓練は仏側が日米に呼びかけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。