札幌の大型商業施設は休日休業も 道が緊急事態で対策 

新型コロナウイルス

[PR]

 北海道は15日午後、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が道に出されたことを受けて対策本部会議を開き、新たな感染防止対策を決めた。期間は16日から31日までで、順次実施する。

 道内全域では、不要不急の外出自粛や飲食店への午後8時までの時短などを要請する。また、札幌市や周辺7市町村(江別市千歳市恵庭市北広島市石狩市当別町、新篠津村)、小樽市旭川市は「特定措置区域」として一段と強い措置を実施。酒類やカラオケ設備を提供する飲食店には休業を要請し、百貨店など大型商業施設には面積に応じて平日の午後8時までの時短や休日の休業を要請する。

 鈴木直道知事は対策本部会議で「地域の社会経済活動に大きな影響を与えるもので、批判もあると思う。しかし家族や自身を守るためには感染防止の徹底が必要だ」とし、「緊急事態宣言に至ったことを重く受け止める。難局に全力で立ち向かう」と述べた。

緊急事態宣言による道の主な対策

(期間は16~31日。遅くても18日から実施)

【道内全域】

・不要不急の外出、特に午後8時以降の外出を自粛

・不要不急の都道府県間の移動自粛

・路上や公園での集団飲酒の自粛

・飲食店への午後8時までの時短要請(酒類提供は午後7時まで)

・イベントの人数制限(上限5千人、歓声の大きさに応じて収容率制限)

テレワークなどで出勤者数7割減を目指す

・学校行事(運動会、体育祭、修学旅行や宿泊学習)の中止や延期、縮小。部活動は原則休止

・道立施設は原則休館。市町村立施設は休館を検討

【特定措置区域(札幌市旭川市小樽市、石狩管内〈江別市千歳市恵庭市北広島市石狩市当別町、新篠津村〉)】

◆上記の措置に加えてより強い措置を実施

・酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に休業要請(酒類などの提供がなければ午後8時までの時短)

・商業施設など(百貨店やショッピングセンター、パチンコ店など。生活必需品を除く)は、1千平方メートル超の場合は平日は午後8時までの時短、土日祝日は休業を要請。1千平方メートル以下は午後8時までの時短を要請

・劇場や映画館、野球場や遊園地などの人数制限(上限5千人かつ収容率50%)

・イベントの人数制限(上限5千人かつ収容率50%)

・終電の繰り上げ

・道立施設、市町村立施設は原則休館

※休業・時短要請に応じた店舗には支援金を支給(額は調整中)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]