海外メディア入居のビル、イスラエル軍が空爆 ガザ地区

有料会員記事

エルサレム=清宮涼
[PR]

 パレスチナ自治区ガザ地区への空爆を続けているイスラエル軍は15日、海外メディアが入居するビルを空爆したと発表した。ビルにガザ地区を実効支配するイスラム組織「ハマス」の軍事拠点があったとしている。市民の犠牲が増え続けるなか、イスラエル軍への批判の声がさらに高まりそうだ。

 空爆を受けたビルには、カタール衛星放送アルジャジーラや米AP通信が入居していた。現地からの報道によると、ビルは空爆を受けて一気に崩れ落ち、黒煙が巻き上がった。イスラエル軍は「事前に警告した。ハマスが市民を人間の盾にしている」と主張している。

 AP通信は「(イスラエル軍…

この記事は有料会員記事です。残り172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。