「ここまで長引くとは」浜岡停止 決断した中部電元社長

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 停止から10年、浜岡原発静岡県御前崎市)は再稼働の見通しが立たない。中部電力の水野明久相談役(当時社長)は10年前、寝耳に水だったという国の要請を受け、浜岡の停止を決めた。決断に迷いはなかったのか。いまも続く停止への思いは。水野相談役に聞いた。

水野氏は、地元に慎重な意見が強い浜岡再稼働をどう考えているのでしょうか。記事後半では、中部電の新たな成長戦略も紹介しています。

――浜岡原発の停止を決断しました。

 「経産大臣から夕方に電話がありました。極めて唐突な要請でした。法的な根拠もありません。ただ、首相がその日の夜に会見をすると聞き、国のトップが全国に発信するのは命令と同義であり、重く受け止めました」

――再稼働することなく10年が過ぎました。

 「停止を決めた際に、津波対…

この記事は有料会員記事です。残り1995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。